中国足心道足揉み・整体治療院ー華南 | 日記 | ガン化する初期の環境は内臓浮腫から始まる

めまいや、頭痛、酷い肩こり、関節痛など不快な症状から解放されたい方のお力になります。

Top >  日記 > ガン化する初期の環境は内臓浮腫から始まる

中国足心道足揉み・整体治療院ー華南 の日記

ガン化する初期の環境は内臓浮腫から始まる

2014.08.13

ガン治療の一つに 「ゲルソン療法」というものがあります。タイトルの言葉は、考案者のドイツ人医師ゲルソン博士の見解です。ガンは、内臓、それを取り巻く環境のリンパ流停滞から始まり、それが進むと内臓の浮腫みとなってガン発症の時計を進めてしまうことになるということらしい。免疫の主体はリンパ球であるから、リンパ球停滞は直接的な免疫力低下を招きます。ガン化の種が宿り,ガン体質のものであれば、いずれ発症すると考えるのは自然で無理のない理屈です。つまり、リンパ流の改善を図ることで、免疫力がアップし治癒へ向かう可能性が高くなるというわけです。

日記一覧へ戻る

【PR】  ステップスクール  ハローストレージ江戸川平井  霧島温泉 スパホテルyou湯  NAME ART  メガネのプリンス イトーヨーカドー茅ヶ崎店